夫との相性が悪くて妊娠できないの?

夫との相性が悪くて妊娠できないの?

なかなか妊娠できずに悩んでいる女性の中には、夫との相性のせいではないかと考える方も多いようです。

では、本当に夫との相性が悪くて、妊娠できないということはあるのでしょうか?

結論からいうと、あります。

例えば一般的に、卵子と精子のどちらにも異常がない。

それなのに体外受精を試してみても受精できない。

そんな場合に、医師から「相性が悪い」と告げられることがあります。

非常にショックな告知です。

愛する夫と、相性が悪いと言われるのですから。

ただ、この相性が悪いというのは、あなたと夫の性格とかのことではなく、精子と卵子の相性のことなのです。

性格が合わないんだとか、愛情が足りないんだとか悩む必要はありません。

あくまで受精障害が大きな原因ということなのです。

受精障害の原因は、以下の通りです。

・精子が透明帯にくっつくことができない

・精子が透明帯を通過できない

・卵子が未熟で受精できない

このような原因によって、受精障害が起こります。

精子側に原因がある場合。

または、卵子側に原因がある場合。

どちらかに原因があるので、病院での検査が必要です。

受精障害を解決することで、妊娠できる可能性は高くなります。

ですから、病院で治療を受けるようにしましょう。

治療方法は症状によって異なります。

必ず医師の診断に従うようにしましょう。



TOP PAGE